HOME  >>  トピック

トピック

インボイス発行事業者の登録

令和3年1月30日

世界中が、相変わらずのコロナ禍のなか、1月20日にジョー・バイデン氏が第46代米国大統領に就任した。トランプ前大統領はアメリカ社会を分断し、様々な局面で対立を深めた。嘘も平気でつくような、およそリーダーにはふさわしくないと思われる異質な大統領だった。バイデン大統領は就任演説で、「私たちは平和的な政権移行を実行するために、神のもとで、分断することのない国家として、一つにならなければならない」と述べ、統一の必要性を訴えている。早く分断のない正常な世界を取り戻してほしいものである。

日本も東京都はじめ11都府県で緊急事態宣言が出されて、コロナ禍真っただ中ではあるが、いよいよ今年の10月1日より適格請求書(インボイス)発行事業者の登録申請の受付が開始される。

適格請求書(インボイス)とは、売手が買手に対して、正確な適用税率や消費税額等を伝えるもので、現行の「区分記載請求書」に「登録番号」、「適用税率」及び「消費税額等」の記載が追加された書類やデータをいう。
 <売手側>である登録事業者は、買手である取引相手から求められたときは、インボイスを交付しなければならない。また<買手側>は仕入税額控除の適用を受けるためには、原則として、取引相手である登録事業者から交付を受けたインボイスの保存が必要となる。大きな制度変更である。
 その結果、事業者間取引いわゆるBtoB取引においては、登録事業者ではない事業者はマーケットから排除されないために、免税事業者は、消費税相当額を値引きするか、登録事業者になり消費税を納税するかの選択を迫られると思う。

いずれにせよ、適格請求書発行事業者になるには事前準備が必要である。令和5年3月31日までに登録申請をすること。売手側では(請求者、納品書、レシート等)の何をインボイスにするか?必要に応じてレジや経理・受注システムなどのシステム改修等、お客様に対してインボイスの登録番号、インボイスの様式、インボイスの交付方法の連絡等が必要になる。買手側でも同じように経理・受注システムなどのシステム改修、購入先の登録事業者の登録の有無、受領するインボイスの様式、インボイスの受領方法等の確認が必要となろう。

国税庁でもWeb―API機能を備えたインボイス公表サイトを構築中である。発行事業者としての登録の有無や番号の確認が容易になる機能である。今後は消費税取引を円滑に進めるためにもWeb機能の利用は不可欠になっていくと思われる。


イラスト

はやぶさ2

令和2年12月28日

連日3千を超える新型コロナウィルスの新規感染者が確認され、毎日のように過去最多を更新している。日本はまさに第3波に襲われている。今年もあとわずかになったが、コロナ、コロナで終わりそうである。ほとんどの業種がコロナの悪影響を受けている。来年の2月下旬頃にはワクチン接種が始まる予定である。一日でも早くコロナの収束が進み活気ある日常を取り戻してほしいと願っている。

そんな状況の中、12月6日小惑星探査機「はやぶさ2」が52億キロメートル、6年間に及ぶ宇宙の旅から地球に無事帰還し、カプセルの中からは、小惑星リュウグウのサンプルが確認された。ミッションはまさに「完璧」に達成されたようである。初代「はやぶさ」に続き、天体から物質を持ち帰る「サンプルリターン」に再び成功し、日本の技術力の高さを世界に示した。最近は、技術力が世界から遅れ始めていると言われているので、本当に朗報である。

「はやぶさ2」のプロジェクトチームは約600人の多国籍のスペシャリストで構成され、それを牽引してきたのが津田雄一プロジェクトマネージャである。彼は皆をぐいぐい引っ張っていくようなタイプの人間ではないので、一人ひとりと個別にコミュニケーションをとり、丹念に調整していったと話している。そして600人のチーム全体が一人の人間のように同じ意思を持ち、しかも600人の頭脳が有機的に結びつくようなチームを作り上げた。そして最後には600人のスペシャリストの集団が大きな「One Team」になれたようである。

津田氏はこのプロジェクトを通して自分の運命を切り開いたのだが、そのための大切なことは何か、との質問に「とにかく自分で目標を設定し、その目標に対してとことん深く追求していく、その一生懸命さが伝わると仲間が増えていく、仲間とともに進めば、一人よりももっと大きな運命の扉を開けることができる。だから、自分自身がどれだけ仕事にエネルギーを注いだか、どれだけ深く追求したか、その一生懸命さの先にしか運命は開けない」と答えている。まさに真理であり、原理原則である。企業経営にも通じる。  津田氏は「新しい科学がここからスタートする」と述べられた。「太陽系の成り立ち」や「生命の起源」をめぐり、新たな発見につながるか?本当に分析の結果が待たれる。来年の楽しみの一つである。

皆様には今年も本当にお世話になりました。どうぞ良いお年をお迎えください。


イラスト